変額年金ってどんな種類の個人年金?

変額年金は将来にもらえる年金の金額が変わる変動タイプの保険になっています。

 

被保険者から毎月支払われる年金保険料で投資を運用し、運用次第で後からもらえる年金額が増えて得をする場合と減ってしまい元本割れをしてしまう可能性もあるリスクのある個人年金商品といってもいいでしょう。

 

 

変額個人年金のメリット

 

投資商品としての意味合いで加入するとメリットが多いです。
まず個人年金の投資対象を選ぶことができますし、運用の対象になっているファンドを乗り換えても手数料も掛かりません。
個人年金の受取額に関わってくる運用の利益は景気に左右されますからインフレに強い年金ともいえます。
また、最大のメリットとして運用中の利益分は課税されないため、利率が予想以上に増えることもあります。

 

変額個人年金のデメリット

 

変額個人年金の最大のデメリットとして元本保証がされていません。
メリットでは運用が上手くいけば大幅に年金の利率が多くなる可能性があると書きましたが、デメリットはその逆で運用が上手くいかなければ、受給額も大幅に減ってしまい、大損をする可能性もあります。
老後の生活費にしようと変額個人年金に加入することはおすすめできません。