夫婦年金の特徴は?

個人年金の中でも夫婦年金と言う、夫婦ならではの年金保険があります。
夫婦年金は、どちらかが生きている限り支給される年金なので、残された方が被保険者ではなかったために年金が無くなるのではないので、安心の度合いが高い年金です。

 

そろそろ個人年金をと考えている夫婦であれば1つは入っていると安心です。
通常の個人年金の場合は確定年金や有期年金が多いので、一定期間年金が支給されますが生涯払われる年金ではありません。

 

一定期間支給される個人年金だけですと、支給期間が終われば公的年金のみとなってしまい特に後期の老後に対する不安は大きいです。

 

公的年金がこれから先細りすることは誰もが予想できる事から、個人年金に投資できる余裕がある人は生涯年金に入っておくといいようです。

 

又、個人年金保険ですから、被保険者が死亡した時は保険料が支払われます。
保険により違いますが積み立てた金額相当が支払われるようです。

 

例)かんぽの夫婦年金

 

例として、かんぽの夫婦年金の概要をご紹介しましょう。
かんぽでは「新夫婦年金保険」を販売しています。
・据置夫婦年金保険
・一時据置夫婦年金
・即時夫婦年金
・定期年金保険

 

夫婦年金の種類も豊富で、かんぽの夫婦年金は人気があるようです。
保険料を積み立て方式で積んでいくのか、一時払いで預けて年金タイプでもらっていくのか、選べますし、
基本年金額も18万円から90万円と幅が広く、自分の生活設計に合うタイプが見つかりやすいです。
年金支給開始時期も55歳、60歳、65歳、70歳と5歳刻みで用意されているのも年金の支給時期が1度にかぶる事が防げます。

 

例えば、確定個人年金を60歳から支給開始にしておいて、10年確定でもらっておく、その後、かんぽの夫婦個人年金では70歳から支給にしておけば、公的年金の他に、しっかりとした老後設計が組めるようになります。

 

個人年金も1種類だけではなく、お財布に余裕があれば数種類入っておけば将来、悠々自適に趣味や好きなことをして楽しく老後を送れるようになります。

 

また、保険ですので死亡保証がついていますので、どちらかがお亡くなりになった時も残された方に保険金が支払われます。

 

夫婦年金のメリットとは

夫婦年金のメリットと言えば、なんと言っても生涯年金であるという事です。
ひとりが残されたとしても、年金が生涯続く安心感はとても大きいですよね。
公的年金の他にも収入源があると言うのは、生活設計がしやすいですし、余裕をもって生きる事ができます。
生涯年金は、長生きすればするほどお得になるので、できるだけ長生きすることが最大のメリットをもたらします。

 

夫婦年金のデメリットとは

夫婦年金のデメリットは、夫婦でなければ入れない事。
途中で離婚してしまったら、夫婦年金から被保険者のみの年金に変更することになります。
ですからいつまでも仲良くしておく必要があります。
又、生涯年金は保険料が高いのがデメリットです、早死にしてしまうと損をしてしまう感じがしますが、あくまでも保険なので万が一のための備えと考えておくことも必要でしょう。
期日の決まっている確定年金に比べ年額が少なくなる点も考慮しておくべきです、生涯もらえますから、とにかく長生きすることに越したことはないです。