個人年金保険は老後資金づくりに使えるか?

個人年金というと老後の生活を少しでも楽にするための積立する保険と考える人が増えており、入ったほうが得なのか、それとも損なのか専門家の意見を調べる人が増えています。

 

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持ったアドバイザーの方が個人年金保険を積み立てるのは賢い、得だといった意見と損をしてしまう金融商品として例にあげることもあり、ファイナンシャルプランナーの方の中でも意見が分かれる金融商品ですが本当に老後の資金として機能するのでしょうか。

老後の資金づくりの投資信託等の金融商品はどうなのか?

ファイナンシャルプランナーの方で否定派の意見で一番多いのは現在の金利が低く個人年金に加入
するメリットが低いという意見です。

 

その場合は資産運用を勧められることがほとんどで、投資信託などがいいですよ。とアドバイスをされることが多い
と思いますが、具体的な資産運用の商品まではアドバイスをくれないのがほとんどです。

 

具体的な金融商品を紹介されたとしても今までの運用実績や短期間なもののメリットしかなく、老後の何十年も先の未来の保証はされていません。

 

株や投資信託などの金融商品に向いているのはしっかりとした換金するときを定めてから、5年から10年の
に使うために運用するには魅力がありますが、何十年後の老後の資金づくりという具体的な目的がない場合
には安易な投資信託を運用するのは不安が残ります。

 

老後とは具体的にいつから始まり、いつ終わるのかは具体的に説明できるものではありませんよね。
将来はいつでも変わる可能性がありますから、毎月いくら掛かるのかは確実なものは誰にもわかりません。

老後の安心は個人年金の終身年金を利用しよう

老後の安心の一番が給料のようなを定期的に定年退職後に受け取れて物価などの変動になるべく対応できる
ものでこの全てが対応しているのが公的年金だけなんです。

 

この公的年金を補てんする金融商品が一番安定した老後資金になるのではないでしょうか。
金融商品のなかで一番補うのに最適なのが個人年金保険の終身年金なのです。

 

一生受け取れるという点では金融商品の中で個人年金の終身年金だけの特権になっています。

 

老後の不安を取り除くにはこの終身年金を取り入れるのがおすすめです。

 

終身年金は今の時代は低金利なので受け取り金額は多くみ込めませんが、一生受け取れる金融商品なので
長生きすればするほど得になる仕組みです。

 

会社員の方にとって注目なのが、所得控除の対象になるという点です。会社を経営していたり、自営業などの個人事業主の場合は積立金を収入から控除できる制度が多くあります。

 

積立金を経費のように扱えますが、サラリーマンなどの会社員はそのよな制度がありません。

 

個人年金は個人年金保険料控除という形で所得控除の対象にすることができます。最大4万円ですが契約要件を満たすことで節税することもできます。